ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

注文住宅で我が家がこだわったポイント

f:id:itoht12:20180528165533j:plain

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱらいく管理人のあっくんです。

今回は、我が家の注文住宅こだわりポイントについての記事です。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、我が家は2017年10月に注文住宅で新居を構えました。

注文住宅の間取り検討時には、色々とこだわりました。

そこで今回の記事では、注文住宅で我が家がこだわったポイントをご紹介します。

 

 

玄関

玄関収納の確保

玄関脇に1×2.5ピッチほどの収納スペースを確保しました。

  • 帰ってきたときに着ていた上着や靴などをすぐに収納できる場所が欲しかった
  • 双子用ベビーカーを置いておくスペースを確保したかった
  • 玄関を広く見せられるようにしたかった

ということで、設置を強く要望しました。

実際、玄関収納を設置したことで上着や靴などを収納できる大型ストック収納として活用できています。

また、子供の自転車など家の外に出し入れする物が意外と多くあります。

そういったものを出し入れしやすいので、玄関収納は設置してよかったと思っています。

洗面所

物干しスペースを確保

洗面所は通常2×2ピッチの間取りが多いかと思います。

しかし、我が家は2×2.5ピッチと通常よりも0.5ピッチほど拡大し、洗濯物を干すスペースを確保しました。

拡大したスペースには、以前ほかの記事でご紹介した森田アルミ工業さんのPid4Mを設置しています。

物干しスペースを確保したことで、洗濯機から洗濯物をそのまま干すことができるので、洗濯の手間が結構減りました。

水回りの家事を楽にしたいのであれば、物干しスペースの確保はおすすめです。

LDK

キッチンはオープンキッチン

キッチンは奥さんの要望を多く取り入れました。

  • 対面式のキッチンがいい
  • 手元を隠す壁は付けたくない

ということで、キッチンはオープンキッチン(実際にはペニシュラ型キッチン)を採用しました。

ペニシュラ型キッチン・・・片側が壁と隣接したオープンキッチン

 

オープンキッチンなので、キッチンからLDKの見晴らしはすごく良いです。

また、キッチンが広々と使えるので料理の効率も上がったのではないかと思います。

オープンキッチンにすることで汚れが気になるのではないか?と懸念はありましたが、半年たった現時点では汚れなどの問題も出てきてはいません。

キッチンとダイニングテーブルは横並び

更に、キッチンとダイニングテーブルは横並びにしたいという奥さんの強い要望があったため、キッチンの横にダイニングテーブルを置けるよう設計しました。

出来上がった料理をそのままダイニングテーブルに運べるので、料理の導線のいい間取りとなりました。

キッチン横にコンセントも設置してもらったので、将来的にはダイニングテーブルでホットプレートなどを使うなども出来るようにしました。

テレビは壁掛け

リビングのテレビは壁掛けを想定して、配線の穴を最初から開けてもらいました。

テレビの配線が上手く隠れるので、テレビ周りが非常にすっきり見えるので気に入っています。

またテレビボードがない分、リビング自体を広く感じられます。

テレビ周りをすっきりさせたいという方には、テレビの壁掛けはおすすめです。

階段はリビング階段

帰ってきたら家族と顔を合わせられるよう、階段はリビング階段を採用しました。

今のところ子供たちが子供部屋を使わないので何とも言えないのですが、子供たちが大きくなったら家族のコミュニケーションの機会としていければと思います。

ただ、冬場は若干寒さも感じました。。。

リビング階段については記事を別途公開しているので、よかったら参考にしてください。

居室

子供部屋をあえて不便なスペースに

2階にある子供部屋はあえて不便なスペースにしました。

  • 4畳半
  • 室内ドアなし
  • 収納建具なし

という、マンションや建売物件ではなかなかお目にかかれない間取りだと思います。

子供部屋を快適なスペースにしてしまうと子供が部屋から出てこなくなり家族の時間を確保しにくくなるのでは?という懸念が自分の中にあったので、あえて子供部屋は不便なスペースにしています。

ただ、中学校高学年くらいになると受験勉強等で部屋にこもることも出てくると思うので、その際は室内ドアを付けるリフォームをしようかと検討しています。

 

以上が注文住宅で我が家がこだわったポイントです。

 

間取りをこだわれるのは注文住宅の特権なので、注文住宅を検討している方は大いにこだわりましょう。

半年住んで後悔したことも今後記事にしたいと思いますので、良かったら家づくりの参考にしてください。