ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

会社の忘年会がとにかく苦手・・・対策を考えてみた

f:id:itoht12:20171108120227j:plain

いつも閲覧ありがとうございます

ぱぱらいく管理人のあっくんです

早いもので今年もあとわずか

12月に入ると魔の忘年会シーズンが始まります。。。

あっくんは会社の忘年会がとにかく苦手です

そんなんで本日は忘年会に対するあっくんなりの考え方を語りたいと思います

 

 

忘年会が苦手な理由

お酒が飲めない

あっくんはとにかくお酒が飲めません!

日本酒とか体が全く受け付けませんし、ビールもコップ一杯が限界です

甘いお酒なんかは多少飲めたりしますが、グラス2杯が限界

飲み会開始30分で猛烈に頭が痛くなり、帰るころには足がパンパンにむくんでめちゃくちゃ痛くなります

 

本当にお酒が飲めない人にとって飲み会って苦痛しかありません

女性とワイワイ楽しく飲む飲み会ならまだしも、会社の同僚とお酒を飲むなんて地獄以外の何物でもありません

心を開くのが苦手

あっくんはあまり人見知りはしないのですが、人に対して心を開くのが苦手です

誰と話しても、自分の本心をさらけ出すことはまずありません

どこか、作られたあっくん像を演じて人と接します

なので、あんまり人と間合いを詰めてしゃべるのが苦手なんですよね

お酒も入ってすごい色んな人が色々と話しかけてくれるのですが、お酒飲めないのもあってどうしても間合いを取ってしまうんです

結果、話してても楽しくなく終わることが多いです

会費が痛い

そしてお酒が飲めないのに会費がバカ高いのも苦手な理由の一つ

全く飲まないのに飲む人と同じ会費なのがバカバカしく感じてしまいます

下っ端時代は何かと奢ってもらえる機会が多かったので良かったのですが、さすがに10年も会社にいると中堅くらいの位置にはなりますからね

一回の会費だけでもバカにならないです

忘年会の対処方法

行かない

最近は忘年会に行かないという選択肢を取るようにしています

お酒飲んで帰ってくると少なからず奥さんの機嫌も良くないですし

うちの会社は比較的強引なお誘いもないため、その日は都合があってと言えばそれ以上しつこく誘われることがないのが幸いですかね

もししつこく誘われたら奥さんの実家に行かなければいけないと言い訳するようにしています

ただひたすら食べる

もしどうしても断れない場合にはひたすらに食べるようにします

飲む人ってあんまり食べない傾向があるので、食事って余りやすいんですよね

お酒飲めない分食べないともったいないので、元を取る勢いで食べ続けます

食べることに夢中でいると結構時間も過ぎますからね

率先して注文係をやる

忘年会を乗り切る方法として率先して注文係をやることも結構あります

注文係やってると役割になっている分、無理にお酒飲まされないですし店員さんへの注文で席を外せるので結構飲み会の場から逃げ出す方法としては有効です

さらに自分の評価も上がるという飲み会ではいいことづくめのポジションだと思います

逃げ出す

飲み会が終わったら脱兎のごとく逃げ出します

むしろ、飲み会って後ろに伸びることが多いので、もともとの終了時間になったらこの後の予定を理由に先に帰ります

あんまりダラダラいると2次会断れない雰囲気になりますからね

さすがに2次会は会費的にもかなりきつくなるので、基本的には行きません

 

今年はメニエール病の治療もしているため、基本的に忘年会には行かないつもりです

それで支障が出るんだとしたらその程度の会社だったってことですね

もし、同じように忘年会に行きたくないという人がいたら、行かないという選択肢もありなんだということを知っておいていただけたら幸いです