読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

パパ目線で双子育児の大変さを語る

f:id:itoht12:20161214075210j:plain

いつも閲覧ありがとうございます

管理人のあっくんです
先日3年ぶりに忘年会に参加しました
双子が産まれてからは奥さんの手前自粛していたのですが、子どもたちも一人で寝かしつけが出来るようになってきたため久しぶりの参加です
双子が産まれてからははじめましての人も多かったので話題は双子の話に
その中でよく
双子って憧れるよねー
と言われたのですが……
そんな甘いもんじゃないよ!!
というわけで今回はパパ目線で双子育児の大変さをお伝えしたいと思います

出産リスクが高い

多胎妊娠では単体妊娠よりも出産時に様々なリスクが高くなると言われています
切迫早産の可能性は高くなりますし、切迫早産を防ぐための管理入院が必要になる可能性が非常に高まります
分娩も自然分娩リスクが高くなるため帝王切開で分娩する病院がほとんど
また、無事に産まれても低体重で産まれる可能性が高く、NICUなど入院が必要になるケースも多くあります
妊娠高血圧症候群、貧血、むくみなどもひどくなりやすく、単胎妊娠に比べてお腹が大きくなりやすいので妊娠線も出来やすくなると言われています

睡眠時間が圧倒的に足りない

産まれて退院になってからはママの睡眠時間が圧倒的に不足します
ミルク(母乳)をあげる→おむつを替える→あやすが24時間永遠にループ
同時に寝たタイミングを見計らって一緒に寝ても30分~1時間程度で泣き声に起こされる状態
実際うちの奥さんも3ヶ月里帰りしていましたがほぼ記憶がないと話していました

車に荷物が乗らない

退院して多少お出かけが出来るようになると発生するのがこの問題
軽自動車、スポーツカー、ステーションワゴンでは容量が足りなくなります
後部座席はチャイルドシートで埋まり、荷台は双子用ベビーカーで埋まります
荷物はチャイルドシートの足元か助手席の膝の上のみ
大型の買い物をする場合にはさらに大きな車に買い替える必要が出てきます
我が家も長男がいることもあって元々愛用していた三菱のコルトを手放し、日産のセレナに買い替えました
300万円弱かかりましたがチャイルドシートが3つなのでほぼ荷物起きは無く運転手含めて大人二人しか乗れません……

衣食にかかる費用が倍

当たりまえですが衣食にかかる費用は2倍です
日用品も2倍
ミルクやおむつはものすごいスピードで無くなっていきます
出産祝いで何が欲しいと聞かれたら新生児の時期はミルクかおむつと答えてましたね(笑)

迷惑そうに見られる

双子用ベビーカーに乗せていると結構迷惑そうな感じに見られる場面に遭遇します
双子用ベビーカーは横幅が広いのでお店の中では邪魔になりやすいんです
特に通路が狭いお店では通路内ですれ違えないので睨まれたり舌打ちされることがしょっちゅうあります
そんな人たちは車いすの人たちにも同じことするんだろうか……
最近では奥さんと買い物に行くときはお店の外で待っていることがほとんどになりました
 
パパ目線でこれだけ出てくるのでママ目線ではもっと多く大変なことは出てくると思います
ただ、だから双子妊娠したら絶望かと言われると全然そんなことはありません
大変なこと以上に双子で良かったと思えることはたくさんあります
双子で良かったことについては改めて記事にしたいと思います