ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

翻訳機能が向上した現代に4歳の英語教育って必要?

f:id:itoht12:20171030115949j:plain

いつも閲覧ありがとうございます

ぱぱらいく管理人のあっくんです

先日、奥さんと4歳の長男の英語教育について話しました

なんでも、同級生のお友達が英語教室に通っているのだとか

聞いた当初は別に受けさせなくてもいいかと思っていましたが、ちょっと子供のために英語教育って必要なのかどうかを考えてみました

 

 

 

英語なんて学ばせる必要ある?

正直、あっくんは4歳の子供に英語教育をさせる必要はないと思っていました

翻訳機能は向上している!

今や、英語の翻訳機能は飛躍的に向上しています!

10年前、あっくんが学生だった頃も英語の課題のために翻訳機能を活用していましたが、それと比べると桁違いの進歩です!

一部空港で翻訳機能を搭載した拡声器「メガホンヤク」の導入が話題になりましたが、本気でドラえもんの秘密道具のほんやくコンニャクに匹敵するアイテムが現実のものになろうとしています

翻訳機能を活用すれば、現時点でも海外旅行程度は問題なく行けると思います

むしろ、海外での日常生活も可能かもしれません

ビジネスシーンではまだまだ難しいという声もありますが、それも時間の問題かと思います

それほどまでに飛躍した翻訳機能を活用できれば、地頭で英語を覚えていなければいけない理由は全然見当たらないと思っています

英語を学ばせる理由って?

じゃあ、逆に英語教育を学ばせたい理由って何かを考えてみました

海外の人にも自分からコミュニケーションを取れるようになるかな?

英語を小さいうちから学んでおくことで、自分から海外の人とコミュニケーションを取れるようになるのかなという期待は少しあります

いくら翻訳機能が向上しても、自分から海外の人に話しかけるハードルは同じ日本人に話しかけるのと比べるとやはり高いのかなと思います

あっくんも新婚旅行で海外に行ったとき、ある程度片言英語でコミュニケーションを取れることを実感しましたが、最後まで自分から話しかけることは出来ませんでした

やはり海外の人とコミュニケーションをとるには、ある程度自分は英語ができるという自信が必要になるのかと思います

子供のうちから英語に触れ合わせることで、その相手とのコミュニケーションをとるハードルというのはいくらか下がるのかなーという気がします

子供ってちゃんと相手に伝わってるかどうかなんて気にしないでも話しかけてきますからね~

英語もその延長で話せるようになれば、相手に伝わるかどうかの自信とか関係なくコミュニケーションを取れるようになるんじゃないかという期待は少しあります

まとめ

体験学習くらいは参加させてみてもいいかな?

あとはあくまで子供自身の興味の問題かと思います

受けている姿を見て、興味を持てるようなら続けさせようと思いますし、あんまりであれば受けさせなくても将来的に困ることはないかと思います