ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

ディズニーパークチケット購入方法|当日購入より事前購入が圧倒的にお勧め!

f:id:itoht12:20171030182901j:plain

引用元:【公式】パークチケットのオンライン購入|東京ディズニーリゾート

いつも閲覧ありがとうございます

ぱぱらいく管理人のあっくんです

今回はディズニーリゾートのパークチケットの購入方法についてまとめました

ディズニーを最大限満喫するためにはパークチケットは事前に用意しておくこと!

これが鉄則です!

 

 

パークチケットの種類

ディズニーリゾートのパークチケットは複数存在します

なお、年齢の区分けは

  • 大人:18歳以上
  • 中人:12~17歳
  • 小人:4~11歳
  • シニア:65歳以上

となっており、3歳以下は無料となっています

一日だけ来園する場合

チケット種類 料金
大人 中人 小人 シニア
1デーパスポート 7,400円 6,400円 4,800円 -
シニアパスポート - - - 6,700円
ギフトパスポート 7,400円 6,400円 4,800円 -

日帰りで来園するための一番ベーシックなパスポートがワンデーパスポートです

東京ディズニーランドもしくは東京ディズニーシーを一日楽しむためのパスポートです

パークをまたいでの利用はできないため、ディズニーランドもしくはディズニーシーに入園した場合、同パスポートでもう一方のパークへ入ることは出来ません

65歳以上向けにはシニアパスポートが発売されています

内容は1デーパスポートと変わりありません

また、お誕生日等のギフト用としてギフトパスポートが用意されています

内容は1デーパスポートと変わりありませんが、パスポートに定型のメッセージを記載することが出来ます

複数日来園する場合

チケット種類 料金
大人 中人 小人 シニア
2デーパスポート 13,200円 11,600円 8,600円 -
3デーマジック
パスポート
17,800円 15,500円 11,500円 -
4デーマジック
パスポート
22,400円 19,400円 14,400円 -
2デーパスポート・
スペシャル
14,800円 12,800円 9,600円 -
3デーマジック
パスポート・スペシャル
19,400円 16,700円 12,500円 -
4デーマジック
パスポート・スペシャル
24,000円 20,600円 15,400円 -

2~4日続けて来園するゲスト向けに複数日用のパスポートも用意されています

2デーパスポートは2日間パークを楽しめるパスポートとなっていますが、1デーパスポートと同じく両パークを行き来することは出来ません

3デーマジックパスポート/4デーマジックパスポートになると3日目以降、パーク間を行き来して楽しむことが出来ます

初日から2パーク間を楽しみたい場合には、2デーパスポート・スペシャル/3デーマジックパスポート・スペシャル/4デーマジックパスポート・スペシャルを購入する必要があります

夕方から来園する場合

チケット種類 料金
大人 中人 小人 シニア
スターライトパスポート 5,400円 4,700円 3,500円 -
アフター6パスポート 4,200円 4,200円 4,200円 -

夕方から来園する場合には、価格の安いスターライトパスポート/アフター6パスポートが発売されています

スターライトパスポートは土日祝日の15時から入園できるパスポートです

通常、ディズニーリゾートは22時ごろまで開園しているため、15時からといっても最大7時間パークを満喫することが出来ます

人気のファストパスは終了している可能性が高いですが、ショーやパレードは十分に楽しめると思います

アフター6パスポートは平日18時から入園できるパスポートです

ファストパスや昼間のショーは終了してしまっていますが、空き始めた平日のパークを満喫できます

ただし、アフター6パスポートは大人/中人/小人ともに金額が変わらないため、お子様連れにはあまりお得感のないパスポートでもあります

年間パスポート

チケット種類 料金
大人 中人 小人 シニア
2パーク年間パスポート 93,000円 93,000円 60,000円 79,000円
東京ディズニーランド
年間パスポート
63,000円 63,000円 41,000円 53,000円
東京ディズニーシー
年間パスポート
63,000円 63,000円 41,000円 53,000円

年間パスポートは全部で3種類

2パーク共通の年間パスポートと、東京ディズニーランド/東京ディズニーシーそれぞれの年間パスポートです

金額だけ見ると2パーク共通のパスポートが圧倒的にお得に見えますが、実は注意が必要です

2パーク共通の年間パスポートは、混雑して入園制限がかかったパークでは利用できません!

一方で東京ディズニーランド/東京ディズニーシーそれぞれの年間パスポートでは入園制限中でも年間パスポートを利用して入園することが出来ます

そのため、コアなゲストの中にはそれぞれの年間パスポートを購入する強者もいます

その他

その他、期間限定で発売するパスポートがあります

ファンダフル・ディズニー限定パスポート

東京ディズニーリゾート公式ファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」会員限定の割引パスポートです

大人1名あたり600円お得にパークチケットを購入できます

年間計4回、一回当たり5枚まで購入が可能なので、家族や友人とよく行くという方にはお勧めです

団体パスポート

25名以上で利用できる割引パスポートです

  • 大人:6,700円
  • 中人:5,800円
  • 小人:4,300円

でパークチケットを購入することが出来ます

なかなか25名以上でパークに入園することは稀かと思いますが、もし集まるような場合には団体パスポートの利用をお勧めします

キャンパスデーパスポート

毎年1~3月に利用できる学生向けのパスポートです

割引額は年によって変わりますが、2018年は

  • 大学生・大学院生・短大生・専門学生:6,400円
  • 高校生・中学生:5,500円

で発売されることが発表されています

購入には学生証の提示が必要なので、学生でないゲストが購入することは出来ません

夏5ウィークデーパスポート

毎年夏場の平日17時以降に入園できる夏5ウィークデーパスポートが発売されます

2017年は4,400円で発売されました

アフター6パスポートよりも200円高いですが、その分1時間繰り上げてパークを楽しむことが出来るので実質的にお得なパスポートになっています

www.papalike.com

首都圏限定ウィークデーパス

毎年春(3月末~7月前半)に首都圏に在住・通学・通勤しているゲストを対象に平日限定のお得なパスポートが発売されます

2017年は

  • 大人:6,400円
  • 中人:5,500円
  • 小人:4,100円

で発売されました

3月末から7月はGWを除けば学生の休みと被らない時期なので、平日に行けるゲストにとっては大変お得なパスポートです

 

その他にも地域限定で割引パスポートが発売される場合があります

駅などのポスターに掲示されることがあるのでアンテナは常に立てておきましょう!

チケット購入方法

オンライン

近年、ディズニーが力を入れているのがオンラインでのチケット購入です

オンライン予約・購入サイトから24時間チケットを購入することが可能です

チケット購入にはサイトへの会員登録が必要となります

現地購入

前売り券

前売り券は東京ディズニーリゾートの下記施設で購入することが出来ます

当日券の販売場所と売り場が異なるため、注意が必要です

当日券

下記施設で購入することが出来ます

パーク開園の1時間前からチケットを購入することが可能ですが、混雑時には当日券購入にも並ぶ場合があるため、注意が必要です

ディズニーストア

全国のディズニーストアでも購入することが可能です

昔はほとんどのディズニーストアで購入することが出来ましたが、最近は購入できるディズニーストアが限定されるようになりました

行ったのに売ってなかった!ってことが無いように、事前に確認してから行くことをお勧めします

コンビニエンスストア

各種コンビニエンスストアでもチケットが購入することが可能になりました!

各コンビニによって購入方法は変わりますが、メジャーなコンビニのほとんどでチケットを購入することが可能です

コンビニによっては独自の電子マネーで決済できるところもあるため、うまく活用すればポイントを貯めながらお得にチケットを購入することが出来ます

旅行代理店

近くの旅行代理店でもパークチケットを発売しているところがあります

代理店によっては独自に割引チケットを発売している場合もあるので、こちらも目に付いた時にはチェックしておくことをお勧めします

JR

JRの各駅でもチケットを発売しているところがあります

特に駅でチケットを購入するメリットはありませんが、会社帰りなどに購入する場合にはうまく活用できるかもしれません

注意点

購入時は日付指定がお勧め

パークチケットを購入する際に、入園日を指定しないオープンチケットと日付指定チケットが発売されていますが、可能であれば日付指定チケットを購入しましょう

というのも、入場制限がかかってしまった場合、オープンチケットでは入場制限が解除されるまでパーク内に入れません!

一度日付指定した後でも日付の変更は可能なので、なるべく日付は指定して購入することをお勧めします

当日券のデメリット

前述の通り、当日券は1時間前から購入することが可能です

ただ、当日券を購入するのに行列ができることもあるため、購入できるのが開園ギリギリになってしまう場合もあります

パークを最大限満喫しようとすると、やはり開園前にチケット購入ではなく開園待ちの列に並んでいることが望ましいため、可能であればチケットは前日までに購入することをお勧めします

 

パークを最大限満喫するには、やはり事前のチケット購入が必須になると思います!

事前にチケットを用意したうえで当日は開園前からパークに並んで、ディズニーを最大限満喫してください!