ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

キンダースイミングは体力面だけでなく協調性も養える!入れてみてわかったメリットとデメリット

f:id:itoht12:20170920163000j:plain

本日はキンダースイミングの話

いつも閲覧ありがとうございます

ぱぱらいく管理人のあっくんです

うちの子供たちは生後半年からスイミングに通わせています

最初は親子スイミングに入っていましたが、子供たちも大きくなり今は親子スイミングを卒業してキンダースイミングになりました

そこで今回は、キンダースイミングに入れてみてわかったメリットとデメリットを紹介します

 

 

キンダースイミングとは?

2~3歳のスイミングスクール

キンダースイミングをよく知らない方のために説明すると、キンダースイミングは2歳~3歳の子向けのスイミングスクールです

2歳未満の子供たちはまだ親と一緒に入る親子スイミングスクールになるのですが、2歳ごろを過ぎると子供たちだけで入るキンダーコースに変更できるようになるスクールがほとんどかと思います

あっくんの子供たちの通うスクールも2歳の誕生月から4歳の誕生月まではキンダーコースに入ることができるようになっています

とはいってもキンダーではまだ水泳の練習というよりも、水に慣れるためにプールで遊ぶといった指導が多いです

基本的にはプールサイドでバタ足したり、プールに入ってみんなでコースを周回したりと、泳ぐというよりは水の中で遊びの延長をやっているような感じです

キンダースイミングのメリット

水を怖がらなくなる

キンダーコースの最大のメリットはやはりなんといっても水を怖がらなくなることでしょうね

小さい頃からプールに入れているからか、今のところ水を怖がるしぐさを見せることはほぼありません

高いところから飛び込むのは苦手ですが、水を掛けられてもきゃっきゃきゃっきゃ喜んでます

体力を使う

キンダースイミングのもう一つのメリットは程よく体力を使うところです

やっぱり子供って成長するにつれて遊びが激しくなります

今までなら家遊びでも疲れて寝てしまっていたのが、家だと力を有り余らせてたりするんですね

キンダースイミングに入れると水の中で結構激しく遊びまわるので、やっぱり相当つかれるみたいです

スイミングに行った日はちゃんとお昼寝するようになりましたし、夜もきちんと寝てくれることが多くなりました

親が疲れない

これは親子スイミングと比べてのメリットですが、親が疲れなくて済むのはものすごいありがたい点です

親子スイミングって激しくは動かないんですけど、やっぱ水の中を動くので結構体力使うんですよね

親のほうも疲れて眠くなったり、子供寝かしつけながら寝落ちしてしまうことがよくありました

キンダースイミングに行ってからは親はプールを観ているだけでよくなったので、本当に楽になりました

まぁ、寝落ちしてしまう状況は変わらないんですが・・・(笑)

集団生活を体験できる

あと、保育園とかに通っていない子供にとっては集団生活の場にもなると思います

順番を守る、ちゃんと並ぶとかは園に通っていないとやっぱり教える機会が限られてしまうので、それを学べているのは大きいかと思います

キンダースイミングになってからは、周りのお友達と一緒に遊ぶのが多少上手くなったように思います

キンダースイミングのデメリット

感染症を貰いやすい

キンダースイミングの最大のデメリットは感染症を貰いやすいことかと思います

実は水いぼなんかはスイミング自体では感染しないようなのですが、共同で使うビート版なんかで感染することがあるようなんですね

プールだとどうしてもビート版とかおもちゃとか共有するので、感染症を貰うことは多くなったかなと感じます

まとめ

子供にスイミングをやらせるメリットは大きいと思う

大きくなってから良いことがあるかどうかはわかりませんが、今は水で遊ぶのを楽しんでいるようです

もし、何か体を使う習い事をさせたいって思っているのであれば、スイミングを検討してみてはいかがでしょうか?