ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

オムツ替えが出来るパパになるための3つのポイント

f:id:itoht12:20170807133430j:plain

本日は子育ての話

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

あっくんの周りのパパさんは結構率先しておむつ替えをしているように思います

ただ、中にはおむつ替えはママにお願いってパパさんも一定数います

今回は、これからパパさんになる人のためにおむつ替えが出来るようになる3つのポイントをご紹介します

 

 

事前にやり方を予習する

事前シミュレーションは重要

仕事のプレゼンや学校の試験でもそうですが、事前のシミュレーションはとにかく重要!

これは子育てにも当てはまると思います

おむつ替えって難しそうってことを言うパパさんも結構会うのですが、実際のところはそんなに難しくはありません


オムツ替えどうしてる?替え方の手順☆

きちんとやり方さえ覚えておけば、パパでも全然替えられますよ

両親学級でやらせてくれるところもある

我が家の地域では両親学級で人形を使ってシミュレーションをさせてくれました

実際知識だけで覚えているのと人形でもやっているのでは 本番の時の感覚が全然違います

他にも沐浴の仕方などのパパになってから役立つ情報が多いので、仕事がお休みできるのであれば両親学級は参加することをお勧めします

産まれてすぐからオムツ替えをやる

数をこなすことが重要

何事もそうですが、いきなり上手くできることはほとんどありません

上達するにはやはりある程度の数をこなす必要はあります

最初はギャザーをうまく立てられず漏らしてしまうオムツも半年もする頃にはきちんと替えられるようになります

産まれてすぐの赤ちゃんのうんちは臭くない

あとは早いうちからおむつ替えをしておくのもポイントです

というのも、産まれてすぐの赤ちゃんのオムツは全然臭いません!

臭いが気になってくるのは離乳食を食べ始めたころから

それまでに徹底的におむつ替えをしておくことで、おむつ替えをする抵抗感を少なくすることができると思います

失敗を恐れない

失敗から学べばいい

とにかく最初から上手く出来ることなんてありません

最初はとにかく失敗がつきものです

あっくんも偉そうに語っていますが、実際のところは横漏れをさせて奥さんにものすごい剣幕で怒られたことは一度や二度ではありません

検診時のおむつ替えで病院のベッドを汚してしまった苦い記憶もあります

ただ、その都度学習し、数をこなすことで何とかおむつ替えが一人前に出来るようになりました

自分にはできない

なんて勝手に決めつけず、お子様のためにおむつ替えのできるパパになってください

まとめ

オムツ替え出来るのも数年間だけ

我が家は上の子が4歳でおむつから卒業しました

下の子たちのおむつ卒業もそう遠い将来ではありません

おむつを替えられる期間は限られています

いい経験位に考えて子供のおむつ替えができるようになりましょう