ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

アイランドキッチンのメリット・デメリットと我が家の選択

f:id:itoht12:20170803150622j:plain

本日は注文住宅購入の話

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

本日のテーマはキッチン

最近、アイランド型のキッチンにする人が増えているみたいです

モデルハウスも多くのモデルハウスで採用されていますよね

そこで今回は、アイランドキッチンのメリット・デメリットと我が家の選択をご紹介します

 

 

アイランドキッチンのメリット

開放感

アイランドキッチンの一番のメリットは何といってもその開放感

視界を遮るものなくリビングや外が眺められるところを理由に挙げる方が多くいます

やはり狭いキッチンで料理をするよりも開放感あふれる空間で料理をしたほうがはかどりますよね♪

コミュニケーションがとりやすい

また、視界を遮るものがないので料理をしながらリビングが見えるのも人気のポイント

特に子供がいるご家庭ではリビングで子供が遊んでいるのを確認しながら料理ができることが人気の理由に挙げられることが多いようです

今はリビング階段や吹き抜けなど、リビングにいながら子供の存在を感じられるような間取りを取り入れる家庭が多いようなので、この理由も納得ですね

デザインがおしゃれ

アイランドキッチンは何よりデザインがおしゃれ

多くのモデルハウスで採用されるのも納得です

お友達の家に行ってもキッチンがアイランドキッチンだと料理ができそうに思えますよね

アイランドキッチンのデメリット

きれいさを保つのが大変

一方でアイランドキッチンはリビングから丸見え

キッチンが汚れていたり洗い物が積み上げられているとものすごい不格好に見えます

片付けが苦手な人にはなかなかハードルが高い難題と言えそうです

間取りに制約が生まれる

また、アイランドキッチンは通常のキッチンと比べて大きな面積を占めるため、間取り上の制約も生まれます

LDKが大きく取れない間取りでは逆に窮屈に感じるような間取りになってしまう場合があるので注意が必要です

我が家の選択

ペニンシュラキッチンを採用

我が家では奥さんがオープンキッチンを要望していました

やはり見た目的におしゃれに見えるキッチンが希望とのこと

ただ、我が家はそこまで大きくLDKを取れるわけではないため、オープンキッチンを入れると間取りに制約が出る恐れがありました

そこで我が家が採用したのはペニンシュラ型と呼ばれるキッチン

f:id:itoht12:20170803162622j:plain

ペニンシュラ型はアイランドキッチンの左右どちらかが壁にくっついたタイプのキッチンです

使い勝手はアイランドキッチンと似ていますが、こちらは間取りの真ん中に採用されるアイランドキッチンと比べると間取りの制約を受けにくいキッチンになります

開放感は変わらないので我が家ではこちらを採用することにしました

まとめ

ペニンシュラキッチンも検討してみよう

もちろんペニンシュラキッチンも手元が丸見えなデメリットは残ります

果たして我が家はきれいな状況を保てるんでしょうか?(苦笑)