ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

インナーバルコニーのメリット・デメリットと我が家の選択

f:id:itoht12:20170726165059j:plain

本日は注文住宅購入の話

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

最近、インナーバルコニーが流行っているようです

インナーバルコニーとは、家の内側に組み込まれて屋根がかかっているバルコニーのことです

我が家も初期プランはインナーバルコニーになっていました

最初はいいかなーと思っていましたが、考えてみるとメリットばかりではなさそう

そこで今回はインナーバルコニーのメリット・デメリットと我が家がどのような選択をしたのかをご紹介します

 

インナーバルコニーのメリット

洗濯物が濡れにくい

ベランダで洗濯物を干そうと考えているご家庭では、急な雨などへの対応が心配です

そんな悩みを解消してくれるのがインナーバルコニー!

(どっかの宣伝みたいな言い回しになってしまった(笑))

屋根がついているので少しの雨なら洗濯物が濡れません

もちろん、外干しなので適度に日光を当てられて風を通すこともできます

デザインがすっきりする

バルコニーが建物内に組み込まれているので外側から見たときにバルコニーの凹凸が出ません

外観的にすっきりとした印象に仕上げることが出来ます

最近ではバルコニー部分にパネルを付けたおしゃれな家を結構見かけますね

あのパネル結構高いんですけど(笑)

インナーバルコニーのデメリット

部屋の採光が悪くなる

バルコニーに屋根がかかる分、部屋の採光は悪くなります

あまり採光を気にしないという家であれば問題ありませんが、採光を重視して家を考えているのであればそのデメリットは理解しておいたほうがいいかと思います

天窓等でカバーするといったこともネットには載っていますが、効果のほどは不明ですし費用も掛かるのでそこら辺を踏まえて検討したほうがいいかと思います

我が家の選択

どうせ洗濯物は濡れる

我が家はどう考えたかと言うと、、、

雨が強かったらどうせ洗濯物は濡れる

という結論に至りました

敷地の大きさ的にバルコニーに大きく奥行きを取れなかったのでそれならインナーバルコニーにするメリットは少ないかな?ということでインナーバルコニーは早々にあきらめました

代わりに設置したのが洗面所の物干しスペース

ここを設置することで、雨の日には室内干しが出来るようにしました

夏場や冬場も外で洗濯物を干さず中で干したものを持っていくだけに出来るので、結構ありかなと思っています

まとめ

本当に必要かどうか考えてから採用しよう

外干しの頻度や部屋に何を求めるかによっても洗濯は大きく変わるかと思います

流行だけにとらわれず、そこでどんな暮らしをしたいのかをイメージするとインナーバルコニーを採用するべきかどうか考えやすくなるかもしれません