ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

マンションではなく注文住宅を選択した理由

f:id:itoht12:20170725210739j:plain

本日は注文住宅購入の話

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

家を買うことを意識し始めたときにまず悩むのがマンションにするか戸建てにするか?

まず一番最初の大きな分岐点と言えると思います

やはり我が家もこの部分で選択を迫られました

今回はあっくんがマンションと戸建てで悩んだ理由と決め手となったポイントをご紹介します

 

 

マンションを検討して感じたメリット

立地の良さ

マンションで一番魅力を感じたのがなんと言っても立地の良さ

あっくんは記憶のある頃から駅から徒歩30分の住宅街で生活しています

小中学校までは駅をほとんど利用しないので不便を感じませんでしたが、駅を利用するようになると徒歩30分は本当に苦痛、、、

自転車でも15分はかかるため、夏場は駅に着くころには背中汗がびしょびしょです

バスも運行していますが、多い時間でも1時間に4本程度とお世辞にも多いとは言えません

乗り過ごして間に合わなかったり、バス自体が遅れることも多々あり、不便極まりない生活をしています

そんな中で過ごしていたあっくんにとって、駅近は正に魅力を感じるポイント第一位!

駅までの時間は本当に何も出来ないので、無駄な時間が無くなるのは大きな魅力でした

住環境の良さ

そしてマンションが建つところはやはり周りの住環境もいい!

近くにショッピング施設があったり公園があったりと、買い物や子供との遊びを近くで済ませることができます

我が家は徒歩圏内にスーパーすらありませんからね・・・

特に小さい子供が多い我が家にとっては、徒歩圏に大きな公園や商業施設があることは大きいメリットだと感じました

マンションを検討して感じたデメリット

周囲とのトラブル

一方で不安に感じていたのは周辺の方とのトラブル

特に下の階の方との騒音トラブルが大きな不安要素でした

今のマンションはそうでもないのかもしれませんが、あっくんの頃のマンションといえば家の中で走り回るのは絶対禁止!

友達の家に行っても、ものすごい気を使って遊んだ記憶があります

下の階の方も同年代の子供を持っている方とかなら問題にならないかもしれませんが、どんな人が住んでるかはわかりませんからね

ここがマンションをためらわせる一番大きなポイントでした

坪単価の高さ

あとは坪単価の高さ

駅近という条件なので仕方がないのですが、戸建てと比較すると当たり前ながら同じ金額でも狭い

間取りによっては戸建ての一階くらいの広さしか無いですからね

なんとなく広い家に住みたい願望の強かったあっくんにとってはここもマイナスポイントでした

高所平気症への恐怖

昨今話題となっている子供の高所平気症への懸念も少しだけありました

高所平気症とは、高いところに住むことで高さに恐怖心を感じないこと

これが原因で子供の転落事故が起きているケースがあると言われています

子供に危険をきちんと教えることで防げるのかもしれませんが、子供はどんな行動を起こすか予測できません

もし、万が一のことがあったらと考えると悔やんでも悔やみきれないという思いがあり、そこもマンションをためらわせるポイントにもなりました

決め手となったポイント

駅近の土地が見つかった

結果としては我が家は戸建てを選択し、注文住宅の購入に至っています

大きな決め手となったのは駅近の分譲地が見つかったこと

マンションほど駅近ではありませんが、徒歩15分で予算内の分譲地が見つかったのが決め手になりました

駅徒歩15分については人によって評価が割れるところかと思いますが、我が家にとっては今までの半分ですからね

正直全然許容範囲です

親との一定の距離感

そして、親との一定の距離感も決め手になりました

我が家は長男長女で、育ちも同じ住宅街の中

お互いの家が2キロも離れていません

今は子育てをフォローしてもらうために、ゆくゆくは親の面倒を見るために、離れたところに住むことはあまり考えていませんでした

そうなった時に、駅近のマンションにするメリットが他と比べてかなり少なくなってしまったんですね

まぁ実際のところは最寄りの駅前にマンションがないんですけど(笑)

というような理由で我が家は戸建てを選択しました

まとめ

立地や住環境を重視するならマンションもあり!

実際、奥さんは未だにもうちょっと立地のいい駅の駅近マンションが良かったとぼやくこともあります

最近は設備が充実しているところが多いのでそこも検討ポイントになりそうですね