ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

ヒトデさんの記事の書き方を参考にしたらすごいしっくりきた

f:id:itoht12:20170519105903j:image

本日はブログ運営の話

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

今回はブログ記事の書き方の話です

私自身、最近ブログ記事の作成に頭を悩ませていたのですが、それを解決する良記事に出会いました

それがこのはてなブログ界の神様的存在、ヒトデさんの「Q.いつもブログをどんな手順で書いていますか?」です

今回はヒトデさんの記事の紹介と、私が実践してみての感想をお伝えしていきます

 

最近スランプ気味だった

実のところ、ブログに関して最近スランプ気味でした

多くの人が言及している

ブログのモチベーションが上がらない病

これにガッツリ感染してしまっていたんです

 

記事を書けない原因は2つ

  • 100記事達成したことによる燃え尽き症候群
  • アクセスアップを考えるあまりブログ書けない病

多くの人が言及しているのでブロガーあるあるなんでしょうね

そんな時、目に入ったのがヒトデさんの「Q.いつもブログをどんな手順で書いていますか?」でした

ヒトデさんの記事の書き方

詳しい記事の書き方はヒトデさんの記事をご参照ください

www.hitode-festival.com

この中で目から鱗だったのは

まず先に自分の場合ですが、自分は手順等は一切決めていません。見出しを先に決めるという事も、全体像の想像もしません

の部分

今まで私は

  • 見出しのアウトラインを作る
  • 見出しの中で言いたいことを箇条書きにする
  • 箇条書きの内容を記事として繋げる

という書き方でした

 

面白いブログを書くブロガーさんは少なくともアウトラインは意識して書いているんだろうと勝手に思い込んでいたので、ヒトデさんの

とりあえず書き始めて、ただひたすら書く

という作成スタンスは非常に新鮮に感じました

実際にやってみた結果

そして実際に記事を書き始めたところ、この書き方が進む進む!

実はこの記事が一つの見出しを意識して書いているのですが、ここまでで20分かかっていません

たぶんこの後記事を見直して装飾を施しても1時間かからないで記事が作成できてしまうと思います

 

そして何より記事を書く苦痛が全くありません!

スランプに突入してからは正直記事を書くことが苦痛でしたが、この記事はそんなことを全く感じずに書いています

 

これはたぶんですが、スランプの時には過剰にアクセスを意識しすぎて、結果記事を書くハードルを高めていたように思います

ヒトデさんのただひたすら書くを実践することで、アクセスアップの呪縛から解き放たれ本当に自分の言葉で自分の好きなことを発信できている結果が、苦痛を感じない要因のような気がします

結論

本来ブログ記事を書くのは面白い

 

ヒトデさんを真似ることでブログ運営の原点に立ち返れたような気がします

もっとも私のブログとヒトデさんのブログとでは月とすっぽん以上の差があるんですけどね(笑)