ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

いよいよ35周年の情報解禁!Happiest Celebration!開催

f:id:itoht12:20170418175701j:plain

引用元:東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”開催のお知らせ | 【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

本日は東京ディズニーリゾート35周年"Happiest Celebration!"の話

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

2018年、東京ディズニーリゾートは35周年を迎えます

本日、オリエンタルランドから35周年のアニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年"Happiest Celebration!"」開催の発表がされました!

http://www.olc.co.jp/ja/news/news_tdr/20170418_01/main/0/link/20170418_02.pdf

今日は現在の発表から確認できる内容を一緒に見ていきたいと思います

====

開催期間

2018年4月15日(日)から2019年3月25日(月)

 

東京ディズニーランドが開園した4月15日から2018年度イベントが終了する3月25日までの345日間の開催になります

345日って数字の並びはわざとでしょうか?(笑)

主要な予定

昼のパレード刷新

東京ディズニーランドでは、5 年ぶりに新しく生まれ変わる昼のパレードが 2018 年 4 月 15 日(日) よりスタートし、35 周年のオープニングを飾ります。ミッキーマウスをはじめとするディズニーの 仲間たちが驚きに満ちた色鮮やかなフロートに乗って登場し、ディズニーならではのイマジネーション あふれる「夢」の世界へゲストをいざないます。

引用元:http://www.olc.co.jp/ja/news/news_tdr/20170418_01/main/0/link/20170418_02.pdf

予想通り、30周年から実施されていた昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」が終了し、新たなパレードが4月15日(日)からスタートします

管理人はハピネス好きだったので少し複雑・・・・・・

でも、新たなパレードに期待して今後の情報を待ちたいと思います

「イッツ・ア・スモールワールド」リニューアル

また春には、開園当時より愛され続けてきたアトラクション、「イッツ・ア・スモールワールド」 がリニューアルして登場。約 40 体のディズニーのキャラクターが追加となり、今まで以上に幸せな 船旅をお楽しみいただけるアトラクションに生まれ変わります。

引用元:http://www.olc.co.jp/ja/news/news_tdr/20170418_01/main/0/link/20170418_02.pdf

イッツ・ア・スモールワールドはリニューアルのために現在休止中

ディズニーキャラクターが登場するアトラクションとして2018年春にリニューアルされます

当ブログでは記事に出来ていなかったので詳細が発表されたら記事にしたいと思います

新ナイトエンターテイメントがスタート

 さらに夏には、キャッスルプロジェクションに新たな効果を加えた、今まで以上のスケール感 をお楽しみいただける新しいナイトエンターテイメントがスタート。魔法にかかったシンデレラ 城を舞台に、ミッキーマウスが 35 周年のために用意した素晴らしい音楽や映像とともに、パーク での楽しい 1 日の思い出のひとつとなる幻想的なナイトエンターテイメントとして登場します。

引用元:http://www.olc.co.jp/ja/news/news_tdr/20170418_01/main/0/link/20170418_02.pdf

やはりワンス・アポン・ア・タイムは終了になるようです

ただ、注目なのはキャッスルプロジェクションに新たな効果を加えたという部分!

ただのキャッスルプロジェクションではなく更に他の仕掛けも導入されるようです

これは楽しみ!

シンデレラ城前が抽選になるだろうけど、この抽選は是が非でも当てたいところ!

Adsense頑張って貯めたお金でバケーションパッケージ予約しようかな?

 

この他、両パークでデコレーションやグッズの発売がある様子

まだまだ1年先の話なのでこれからの情報に期待したいところですね

記事にもある通り2019年の「ソリアン(仮称)」のオープン、2020年のディズニーランド大規模開発

つながるアニバーサリーイベントなのでディズニー側も力を入れてくるはずなので、まだディズニーリゾートに行ったことが無い人は、ぜひ来年の初来園を計画してください