読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱらいく~ディズニー大好きパパの育児記録~

ディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログ

社会人になって経験したカラオケシーンとおすすめの選曲

f:id:itoht12:20170303154736j:image

今週のお題カラオケの十八番

いつも閲覧ありがとうございます

ブログ管理人のあっくんです

今週のお題は「カラオケの十八番」

社会人になると学生時代のノリとは違った形でカラオケを歌う場面が出てきます

そこで今回は管理人が社会人になってカラオケをった場面と管理人お勧めの選曲をお伝えします

同期と

会社の規模等にもよると思いますが、管理人は入社後の親睦会として1回だけ行きました

それ以降10年以上行ってませんが……

同期は会社の中で一番気を使う必要のない間柄なので今思えば一番楽しめましたね

お勧めの選曲

気を使う間柄ではないので基本的には何を歌ってもOKだと思います

むしろしょっぱなで気を使ってしまうと、その後も自分を出す機会をなかなかつかめなくなる可能性もあるので自分の好きな歌を歌いましょう

ただ、バラードはよほどの歌ウマさん以外は盛り上がりに欠けるかも……

上司と

飲み会の2次会か3次会で行く機会が多いですね

結婚してからはありませんが独身時代は何回か行く機会がありました

会社に入ってからのカラオケで最初に悩むのが上司とのカラオケという人も多いと思います

お勧めの選曲

ポイントは

  • 相手が知っている曲にすること
  • 気を使っていると思われないこと

かなりハードルの高い要求ですがそれに応えられるのがカヴァー曲

最近、昭和の曲をカヴァーした曲が多いのでここら辺からレパートリーを持っておくことをお勧めします

社員旅行

管理人は社員旅行自体参加しないので経験がありませんが、若手が行くと結構な確率で歌わされます

ただ、社員旅行のカラオケは選曲に悩む必要はあまりありません

むしろ重要なのは「いかに自分を捨てられるか!」

社員旅行のカラオケはカラオケに非ず、宴会芸です(笑)

お勧めの選曲

とにかく盛り上がれる曲!

偉い人たちが知っている必要はありません

ある程度の人たちが知っていればお酒の力もあって場を盛り上げてくれます

もはやここで求められているのはパフォーマーとしての資質です

周りを巻き込める曲を選曲しましょう

結婚式

結婚式の余興としてカラオケをする場面も出てきます

管理人も1回だけありました

今回お伝えする中では結婚式の選曲が一番難しいかもしれません

お勧めの選曲

もはや当たり前レベルですが幸せな歌を歌うことです

「切れる」「別れる」なんて曲は新郎新婦と思い入れがあったとしても歌ってはいけません

お祝いの歌で多くの人が知っている歌がなんだかんだで一番無難です

場末のスナック

何故か取引先の人と飲みに行くとこういう場所で歌わされることが多くあります

本当は特に気にする必要もないのでしょうが、管理人は変に周りの年齢層とかを気にして選曲してしまいます

お勧めの選曲

こういうところには50歳以上の人が多いのでその人たちが知っている曲をレパートリーとして持っておきましょう

更にインパクトがある歌であればgood!

お店にいる人にギャップを感じさせられれば結構盛り上がりますよ

まとめ

社会人のカラオケは自分の満足度より相手の満足度を考える

 

どうしても自己満で歌いたければワンカラがお勧めですよ♪